ページの先頭です。

ページ内を移動するためのリンクです。
ヘッダーへ
本文へ
フッターへ

ヘッダーの先頭です。

キリンテクノシステム株式会社

キリンホールディングス

ヘッダーはここまでです。

本文の先頭です。

「みる」を極める光学技術

PETボトル特有のリブが隠す異物

ガラス、PET、缶…検査精度はワークの材質や形状で大きく左右されます。缶のように素材そのものが不透明な場合はもちろん、透明度のある素材でも課題は尽きません。
キリンテクノシステムでは多くの事例を仮定した基礎研究にも、鋭意取り組んでいます。
たとえば、PET素材検査の基礎研究の中で面白いことが判明しました。肉眼で確認できるほどの(3ミリ前後)大きい液中異物が、検査機で検出できないケースがあったのです。
これはPETボトル特有のリブと呼ばれる凹凸が、光線の屈折を生み、肉眼で認識できても検査機のセンサーでは検出できない、という現象だったのです。

複数の目で立体的に見る能力

ロータリー式検査機はワークが回転するので、正面カメラで液中の異物が検出できなくても、別角度からの撮像で検出されます。しかし、ワークが回転しないストレート式検査機ではどうか。
ストレート式検査機は、検査がスピーディー、型替え時間が短い、構造がシンプルでトラブルが少ない、などの利点によりPET飲料工場からの高いニーズが見込まれました。こうしたストレート式の利点を損なわず、検査対象を立体視するためにはどうしたらいいか。
キリンテクノシステムではさまざまな試作を重ね、9つのデジタルの眼で検査対象物を視る機構を発案。この構造は、上中下3台のカメラにそれぞれ表面蒸着の3面ミラーを同期させるというもの。これによりPETボトルを回転させることなく、リブの影響も受けず、さらにストレート式ラインのスピードに対応する観測系が誕生したのです。(特許出願中)

オレンジジュースの中の異物も確認

PET飲料の内容物も多様化しており、炭酸飲料やお茶などの透明度の高い飲料から、オレンジジュースのような高果汁飲料や乳酸飲料など、透明度が低い飲料も一般的になっています。透明度が低い飲料を、検査機業界では拡散性液種と呼びます。検査のための照明光の透過率が低い液種です。
こうした液種には検査機のセオリー通り赤外線を用いますが、キリンテクノシステムではさらに光学的に検知精度の高い技術を開発しました。これにより、たとえば白い拡散性液種の中の白い異物も検知するのはもちろん、撮像時には白い異物が黒く表出し、ひと目で異物が確認できるのです。こうした技術を積み重ねることで、液種の色、異物の色の影響を受けない検査を可能にしました。
キリンテクノシステムは、容器の素材、液種による検査方法など、地道な基礎研究に基づいた確かな製品をお届けしています。

本文はここまでです。

ページはここまでです。