ページの先頭です。

ページ内を移動するためのリンクです。
ヘッダーへ
本文へ
フッターへ

ヘッダーの先頭です。

キリンテクノシステム株式会社

キリンホールディングス

ヘッダーはここまでです。

本文の先頭です。

ワークに優しく、精度に厳しいハンドリング技術

ラインの高速化、ワークの多様化に応える技術力

ハンドリング技術とは、ワークの搬送・回転・排出などをスムースに行う技術です。ワークをラインから取込む、検査ステーションへ搬送する、正確な撮像ポイントを保持する、そして不良品を検知した際の確実な排出など、ハンドリング技術は、検査機の性能を最大限に発揮させるために不可欠なコア技術なのです。ここでは、注目度の高い「ラインの高速化対応」と「ワークの多様化」に関するキリンテクノシステムのハンドリング技術について説明します。

高速ラインでもワークに負荷をかけない技術

プリフォーム検査を高速化する、口部真空吸着搬送方式(特許取得)
これまでのプリフォーム検査機の搬送方法のまま超高速化すると、プリフォームと密着するヘッドの自重と圧により、ネックガイドの発熱、シャフトの曲がりなどの発生が予想されました。
そこでヘッドを容器に押し付けずに、容器を吸い上げる方式を考案。それが口部真空吸着搬送方式です。この技術により、超高速での真空吸着搬送の1300BPM安定搬送が可能となりました。

排出時もワークの負荷を低減する、サーボ式排出システム
検査部の高速化とともに、排出部も高速対応に。キリンテクノシステムでは従来のハイスピードプッシャーのさらに上をいく排出機構を開発。それがサーボ式排出システムです。高速搬送されるワークを押し出す(プッシュ)のではなく、アームでワークの動線をコントロール。高速時には軽くヒットし、超高速時には野球で言うバントをするイメージです。アーム先端には回転式ヘッドを備え、ヒット、バントによる衝撃を削減し、排出されるワークの転倒も限りなくゼロ。検査機の高速化は、キリンテクノシステムのハンドリング技術により、新しいステージへ。

多様なワークを底面からホールドする技術

ガラスびんを底からホールドする、底部真空密着方式
飲料容器を搬送する際には、ワークを底面のみでホールドし、同時に検査する部位を増やすことが検査の高速化に直結しますが、底面のみのホールドは構造的に不安定です。中でも容器自体が重いガラスびんは、底面ホールドのみでの安定搬送が難しい素材と言われています。
しかしガラスびん検査に実績のあるキリンテクノシステムには、底部真空吸着搬送という独自のハンドリング技術があり、底面ホールドのみでの安定搬送が可能です。これは、小さなドリンクびんから大きな一升瓶まで対応可能で、さらにワインびんの底のパント(凹み)にも対応しています。

炭酸飲料用PETの底の花びら(ペタロイド)もホールド
炭酸飲料用PETボトルの底に特有の、5つに分かれた花びら状の凹凸。これはペタロイドと呼ばれる形状で、ボトル内の炭酸ガスの圧力を分散し破裂を防ぐ機能的なデザインです。
しかし従来の底吸着方式では、隙間が多いペタロイドに対応できませんでした。そこで、びん台に内蔵された、吸着カップが上下して凹みのある容器の底部を吸引する構造を新たに開発。この方式により、様々な底形状を持ったPETボトルであっても底吸着が可能となりました。
このように、キリンテクノシステムでは検査機に関わるあらゆる事項を研究対象としています。ワークの材質、内容物の種類、スピード、そして検査精度。キリンテクノシステムはオンリーワンの総合検査機メーカーとして、御社のニーズにお応えします。

本文はここまでです。

ページはここまでです。